LockBit 3.0 ランサムウェア : Chromeでもダークウェブへアクセスさせる親切なハッカー

今度の投稿では、 LockBit 3.0 ランサムウェア 攻撃の事例を分析し、実際の攻撃が実行される行為とそれを防ぐ方法を説明します。 LockBit 3.0 ランサムウェア とは? LockBit 3.0 ランサムウェア(LockBit Black)とは、ランサムウェア犯罪組織のLockBitが作ったランサムウェアです。2019年の9月に初攻撃が発生し、アップグレードされたLockBit 2.0では2021年の7月末まで活動し続けてきました。このグループは世界中の企業に対して多大な損害を与え、2022年の7月上旬、LockBit 3.0でバージョンアップして再び登場しました。LockBit 3.0プログラムに感染されると、他のランサムウェア攻撃と同様に感染されたデバイスの全てのファイルが暗号化され、感染されたデバイスのデータを復旧あるいは流出を防ぐためには身代金(Ransom)を払えと要求します。 履歴書に偽装したLockBit 3.0 ランサムウェア配布のメール 2022年9月14日、ある企業のメールに次のような履歴書メールが受信されました。メールのタイトルは「水原健太郎」で人と名前のような形をしていました。メールは入社の申し込みをするために履歴書を送るという内容でした。下のメールはLockBit