[Criminal IP リリースノート]ベータ版サービスのバグレポートリリースノート 2022-05-12

[Criminal IP リリースノート] 2022-05-12  [バグ修正] メインページの反応型UI・UXのバグが修正されました。 登録ページで発生するアカウント作成のバグが修正されました。 アセット検索でキーワード検索を行う際、プランの期間切れとして検索できなっかたバグが修正されました。 [機能アップデート] メールのドメインが特殊な場合、アカウント作成ができなっかた基準を緩め、サービスが改善されました。 [機能の追加] アセット検索のフィルター snort / scanner / city を利用する際、フィルターによる検査結果データが追加されました。 Criminal

アップデートの案内]ドメイン検索機能の追加及び収集されたバグのパッチ案内

2022年4月28日に開始されたサイバー脅威検索エンジン Criminal IP の無料ベータ版サービスが順調に進んでいます。事前登録いただいた約2千名のテスターとベータ版サービスの開始後に登録いただいた方々に感謝の言葉をお伝えします。 無料ベータ版サービスを見る   取集されたバグレポートのパッチ案内 約2週間のベータ版サービスの間、当社が発見できなかった Criminal IP のさまざまなバグレポートが収集されました。サービスの改善にご協力いただき誠にありがとうございます。現在、Criminal IP QA ticket system で提供していただいたバグが収集されており、技術チームがすべてのバグを修正しております。収集されたバグは今週中に修正され、パッチされる予定です。   新しい機能が追加されます!ドメイン検索のリリース案内 そして、多くの方々が期待しているドメイン検索機能が2週間以内にリリースされる予定です。現在、安定化テストは仕上げ段階にあり、もうすぐ Criminal

[お知らせ] グローバルベータ版サービス開始 !

[お知らせ] グローバルベータ版サービス開始 ! Criminal IP のベータ版テスター募集が4月27日に終了し、多くの関心と期待と共に事前登録とウェブページへの訪問いただいた 82国の数千人のベータ版テスターに感謝申し上げます。盛況のうちにベータ版テスターの募集を終了致しまして嬉しい思いを込めて、事前登録ページや技術ブログ、SNSチャンネルなどを訪問してくださって熱心な声援を送ってくださったお客様にも心から感謝の言葉をお届けします。4月6日から始まった事前登録に数千人の利用者が登録していただき、これからもベータ版サービスを利用するユーザーは益々増える見込みです。新しく改装された当社の Criminal IP ベータ版サービスについて、改めてご紹介いたします。 ▶無料ベータ版サービスを見る◀   ベータ版サービスの概要 Criminal IP は既にさまざまな業界で検証された活用性をもとに、グローバル B2C バージョンをリリースしてサイバーセキュリティに関心を持っている個人も脅威インテリジェンスベースの検索エンジンを使用できるように開発されました。これまでは、企業向けの B2B 形態で提供されていた

Criminal IPを紹介します

Criminal IP の誕生ストーリー 国内外のサイバー犯罪の増加により、侵害事故分析技術とこれを通じたインテリジェンスベースのインサイトを提供するサービスに対する需要は著しく増加したが、これには莫大な初期費用、情報収集及び人材の確保が避けられず、AI Spera はこうしたセキュリティニーズに合致してサイバー脅威の診断に役立つサービスを独自的に開発しました。 サイバー犯罪の痕跡を追跡し、特定するための最も重要な手がかりとして使用される情報は、IP アドレスと言えます。IPアドレスがインターネット上で発生したすべてのことをタイムラインで記録し、総合的な履歴情報を提供する犯罪記録部を作成し、機械学習、AI、行為基盤の異常兆候検出を重点的に収集する「DATA-DRIVEN SECURITY」という概念に着目しました。   IPアドレスに基づくサイバー脅威インテリジェンス(Cyber​​ Threat Intelligence)とは サイバー脅威インテリジェンスとは、基本的にビジネス上の意思決定に関連するサイバー脅威のリスクを最小限に抑え、最も効果的に対応できるよう助ける証拠ベースのセキュリティ情報の収集を意味することです。犯罪現場に残っている指紋を通じて犯人の身元を把握するのように、サイバー犯罪では IP アドレスが不正アクセス、アカウント乗っ取り、不正決済、資金洗浄、クレデンシャルスタッフィング(Credential stuffing)など匿名の攻撃を推定するのに最も大事に使われる手がかりであるためです。Criminal IP の場合、IP アドレスに基づいて

Criminal IP ドメイン検索を利用する怪しいドメインの点検

過去から、攻撃者は有名サイトと同様のフィッシングサイトを作り、メール、SMS、掲示板などの手段で個人情報、金融情報を奪取する悪意のある手法を使てきました。 Verizonの‘21データ侵害調査報告書’によると、侵害の36%がフィッシングに関わっていると発表しました。すなわち、フィッシングの手法が侵害事故でどれだけの割合を占めているかを知らせる指標として使えます。 誰でも経験できる一般的なフィッシングの試みは次の例のようです。 有名または評判の良い会社に似た発信地の使用 Webブラウザのアドレスバーに正常な署名ブロックがありません 誤った文法、文、スペルミス、一貫性のない形式の内容 ファイルダウンロード、リンククリックなどを緊急、重要性という表現で強要する AI Speraは、フィッシングサイトを分析し、正常か悪意のあるDomainかを判断して被害を最小限に抑えるCriminal IP(CIP)ドメイン検索を提供します。CIPを利用することで、セキュリティ担当者の技術や知識レベルに関係なく、フィッシングサイトを迅速かつ正確に分析できます。 セキュリティ担当者であれば、役員から下記のような異常メッセージを受信したという届を受けた経験があるはずです。 報告を受けた後に、これ以上ダメージが発生しないように、そのドメインをすばやくブロックし、詳細な分析でフォローアップする必要があります。   フィッシングサイトを含むメッセージ   ドメイン検索で疑わしいドメインを分析した結果、ドメインスコアリングがCriticalレベルであることが確認されました。 分析Summaryで、不審な長さを見ると、30以上の長さを持っていることが分かり、マルウェアの感染によく使われるiframeタグが存在することが確認できます。 また、Title、Favicon、スクリーンショット、Inserted、Redirect

Go to Top