Cobalt Strike悪性コードの検知方法:攻撃を受けたボットネットサーバー探索

ペネトレーションテストツールとして使われるコバルト・ストライク(Cobalt Strike)が悪意的な攻撃者によってランサムウェアの攻撃あるいは内部システムへの侵入を目的として悪用される事例がしばしば発生します。主にボットネットを活用してコバルトストライクを配布し、ランサムウェアとPC感染攻撃を犯す経路で行われます。今度の投稿では、合法的かつ悪意的な理由で Cobalt Strike悪性コード に感染したサーバーをCriminal IP検索エンジンで検知する方法を扱います。 Cobalt Strike悪性コード とは Cobalt Strikeは有料のペネトレーションテストツールで、多くのRed Teamが攻撃シミュレーションのソフトウェアとして使います。 ペネトレーションテストツールとして使われるCobalt Strike しかし、全てが合法的に Cobalt Strike を活用するわけではありません。サイバー攻撃者はダークウェブで共有される海賊版の Cobalt Strike

By |2022-11-24T17:02:30+09:0011月 24th, 2022|Tags: , |0 Comments

DDoS 攻撃のケース 分析、IP インテリジェンスで対応する方法

最近、 WEB サービスを提供する企業に約 20 時間の間、Get Flooding Attack 型の DDoS 攻撃のケース が発生しました。CIP チームは被害を受けた企業の協力で攻撃当時のデータを提供され、Criminal IP で攻撃データを分析しました。(企業名は匿名にしますが、データは全て実際のデータであります。)サイトのログイン ページで様々な攻撃トラフィックが入ってその攻撃でサイトのログイン サーバーへ深刻な負荷がかかり、ログインの機能が麻痺されました。 WEB サービス企業から提供された DDoS 攻撃のケース データの一部

By |2022-08-12T17:01:40+09:007月 26th, 2022|Tags: , , , , |0 Comments
Go to Top